• コインランドリーの経営で心掛けること

    コインランドリーの経営は不動産投資の中でも、比較的リスクが少ないことで知られています。


    資金的な負担も少ないことから、サラリーマンが副業として始めたり、あるいは脱サラして開業するケースもあります。
    そのコインランドリーの経営で大切なことは、周辺エリアの需要に合う設備投資を行うということです。

    コインランドリーを経営情報はこのサイトにおまかせ下さい。

    つまり単身者が多いのか、あるいはファミリー世帯が多いのかによって、選ぶべき設備が変わるということになります。


    さらに店舗の広さもその設備に応じて決まるので、開業する前にしっかりとマーケティングを行っておくことが大事です。
    またコインランドリーの経営では、いかにコストを抑えるかも大事な要素と言えます。特に常駐するスタッフがいないことからも人件費はほとんどかかりませんが、店内の清掃や洗濯機などのメンテナンスを行うスタッフは必要になります。
    そこで店内が清潔に保たれる程度の手入れは行うようにすることが必要となります。



    また、周辺で同じようにコインランドリーが運営されているのであれば、いかに差別化を図るかも重要な課題となります。



    そのためには、お客の利便性を考えた店舗作りが必要です。
    例えば住宅街から少し離れた立地であれば、駐車場や駐輪場を確保しておくことも大切です。
    このようなノウハウを最初から持っている人は少ないものです。
    そこでフランチャイズに加盟することで、様々なノウハウを得るというのも1つの選択肢になると言えます。